Blue Birds ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『DRAW THIS WORLD −子どもたちが描いた世界−』展のご案内

  作成日時 : 2008/08/15 14:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

はじめまして

私たちは青山学院大学国際政治学科4年の学生で作った有志団体Blue Birdsです

私たちは第1弾企画として、2007年度の青山祭にて、日本のジャーナリスト綿井健陽さんがビデオひとつでイラクの戦火の人々を撮った『Little Birds―イラク戦火の家族たち―』(監督・綿井健陽、2003年)というドキュメンタリー映画を上映しました。

そして今回、第2弾の企画として、10月6日(月)〜12日(日)まで、渋谷キャンパスの学生ロビーにて、イラクの白血病の子どもたちや、アフガニスタンの子どもたち、9.11後のニューヨークの子どもたちが描いた絵の展示会を行います。

想像すること―私たちがいつも大切にしていることです。今回展示する子どもたちの絵は、1枚1枚にそれぞれのストーリーがつまっています。目の前の絵を「見る」だけではなく、背景にあるストーリーを「想像」し、何かを感じていただければ幸いです。

以下が詳細になります

 DRAW THIS WORLD−子どもたちが描いた世界−

 ところ 青山学院大学渋谷キャンパス7号館1階ロビーの展示スペース
       (東京メトロ表参道駅より徒歩5分、各線渋谷駅より徒歩10分)
    
 とき 10月6日(月)〜10月12日(日) 
      10:00〜20:00(最終日は15:00まで)  入場無料

 協力
 絵画提供 国境なきアーティストたち、JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)
 フライヤーデザイン ピエロの筆
 
 お問い合わせ dtw08picture@yahoo.co.jp


画像

                      絵:国境なきアーティストたち より

 
―2つのNGO団体について―

国境なきアーティストたち
NATOによるコソヴォ空爆をきっかけに設立されたNGO団体。芸術活動を通して、戦争や紛争で子どもたちが受けたトラウマなどの心の傷を癒す目的の支援活動を行う。これまでコソヴォ、東ティモール、ユーゴスラヴィア、カフカス地方、9.11同時多発テロ後のニューヨーク、アフガニスタンにて、紛争で傷ついた子どもたちへワークショップを行ってきた。海外における活動に加え、国内では、日本の子どもたちとの絵を通した交流や折り紙を用いたワークショップなどを用いた日本と紛争地の子どもたちの文化交流も行っている。

 くわしくは団体HPをご覧下さい。↓
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~artWB/index.html


日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
イラクにおける小児がん・白血病患者に対する医療支援を行なっている、複数の医療支援団体や医師から成るNGOネットワーク。湾岸戦争以降、イラクではがんや白血病の子どもが増加した。さらに、国連によって行なわれた経済制裁後、国内の医療衛生状況が悪化したことで、それらの患者の多くが命を落としている。2003年のイラク戦争後、経済制裁は解かれたが、支援の状況は改善されていない。
 広島・長崎の原爆を経験したこともあり、日本のNGOは小児がんや白血病への関心が高く、湾岸戦争後、いくつかのNGOが早急に医療支援を実施してきた。JIM-NETはそのような医療支援に対する専門性及び効率性を強化し、継続性を持たせることを目的としている。

 くわしくは団体HPをご覧下さい。↓
 http://www.jim-net.net/contents.html


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



子どもの頃に描いた絵を覚えていますか。

この世界のしくみや、生きること、死ぬことについて考えることもなく、

感じたものをありのままに、描いていたあの頃。

絵を描くことを、ただ楽しんでいたあの頃。

ありふれた、日常の風景。


この世界を動かすあらゆる力から見れば、子どもの描く世界はとても小さい。

だけど、そんな小さな世界にも、巨大な力は現れる。染み込んでしまう。

それが、戦争という力。

あなたはそれを見たとき、何を感じるだろう。

大きな力の及ぼす影響に、呆然とするかもしれない。



それでも、子どもたちは表現する。

色とりどりのクレヨンで、

それぞれの心に映った、この世界を。




想像して下さい。

同じ世界に生きるということ。

小さい頃のあなたを思い出しながら。







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい展示会を期待しています!
Y
2008/08/20 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
『DRAW THIS WORLD −子どもたちが描いた世界−』展のご案内 Blue Birds ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる